筍ごはんで明け暮れて
朝からせっせと筍ごはんを作るばばあ。

はじめの5合は娘たちへ。

お昼頃、小ママの家に中ママと二人でいるというので、サプライズで届けた。

二人で食べていたお昼ごはんは

DSC_3372_convert_20170421173812.jpg

「お砂糖パン」

ばばあが昔食べさせていたのを懐かしんでくれていた。

トーストした食パンにバターを塗り、その上からお砂糖を薄く延ばすだけ。

ふわふわの焼かないバージョン、トーストバージョン、

どっちが好きだったかと盛り上がっていた。

とんぼ返りだったけれど、元気な顔が見れてよかった。

それにしても、「ピンポ~ン♪」の音だけで

すーぴーが「ばぁば!」と言ったというじゃないですか。

すごい透視能力です(笑)


さてさて、家に帰って二度目の筍ごはんに取り掛かる。

ここでばばあ初歩的なミスをやらかした。

段取りを間違え、水加減が正確に量れなくなった。

しかも5合。

義兄に食べてもらおうと思ったのに。

エェ~イ! 後は野となれ山となれ。

スイッチオン。



「ご飯が炊きあがりました~♪」

ドキドキ。

芯があるのか、ぐちゃぐちゃか。

意を決してふたを開けると・・・

奇跡です。

味も水加減もバッチリ。

DSC_3374_convert_20170421173833.jpg


朝一の娘達のよりうまくできてる。

なんじゃこりゃ。


まあ、義兄夫婦も大喜びしてくれたし、よかったよかった。

娘たちにはリベンジだな。



スポンサーサイト
[2017/04/21 19:11 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
春の食卓
直売所で春の野菜をたくさん買ってきました。

DSC_3305_convert_20170420231325.jpg

掘りたてですから新鮮です。

DSC_3367_convert_20170420231221.jpg

春キャベツの浅漬け、こごみの天ぷらとあえもの、春菊のごまあえ、筍の煮物、ふきの煮物

山東菜厚揚げの煮物、スナップエンドウ

春野菜のオンパレードです。

今だけの筍で明日も筍ごはん、大量に炊く予定。

春は料理も楽しみです。
[2017/04/21 01:07 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ふらっとドライブ
いいお天気で家にいるのももったいないので

残り物の筍ごはんでおにぎり作って車に乗りました。

春の田舎道を走って、

DSC_3330_convert_20170421003751.jpg


久しぶりに菖蒲の柴山沼。

DSC_3317_convert_20170420230717.jpg

ポカポカの日差しの中で不思議な組み合わせのお昼ごはん。

DSC_3314_convert_20170420230653.jpg

近くのお花屋さんにも寄ってみました。

DSC_3343_convert_20170421004518.jpg

DSC_3365_convert_20170420231131.jpg

DSC_3340_convert_20170420230951.jpg

DSC_3353_convert_20170420231159.jpg


ガーデンで食事もできるお洒落なお花屋さん「実野里」

数年ぶりです。

色々なクリスマスローズが咲き誇ってきれいでした。

この次は素敵なお花を買ってきましょうか。

[2017/04/21 00:55 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
泣く?
「泣く???」

なーちゃんがあきれてママに言った一言です。


先日ばばあが、なーちゃんの国語の音読を聞いた時の話です。

5年生になって初めての単元。

「いつか 大切なところ」 

魚住直子作、10ページほどの児童文学です。

淡々とした文章の中に、転校した主人公の心情が切なく書かれています。

なーちゃんの音読を聞いているうちに自然と涙が出てきてしまいました。

ばばあくらいになると、数々の経験をしてくるので

主人公の気持ちが痛いほどわかるのです。

なーちゃんもいつかきっとばばあの涙の意味が分かる時が来るでしょう。


いやいや、ただ単に年取って涙もろくなっただけかも(笑)

DSC_3366_convert_20170420231437.jpg

さっそく、図書館で魚住さんの本借りて来ました。








[2017/04/21 00:23 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
嬉しい電話
今年もカーポートの石の間から日本すみれがかわいい花を咲かせてくれました。

DSC_3223_convert_20170413235235.jpg

一番好きな花と言っても過言ではありません。

なんと強い事でしょう。

それでいて控えめで上品で美しい。

憧れです。


そんな日本すみれのような分身のKちゃんが体調を崩していると知りました。

すぐにでも飛んでいきたいけれど、遠すぎる。

誰か手助けはあるだろうか。

病院には行けるだろうか。

食事はどうしているだろうか。

じじいと二人で、何もできないもどかしさに、ただ見えない心配をするばかりでした。


今日、夜、そのKちゃんから電話がかかって来ました。

まだ本調子ではないでしょうが、元気そうな声でよかった~。

加齢による変化、不安話で盛り上がる盛り上がる。

脳トレーニングの数独話でも盛り上がる盛り上がる。

長電話で盛り上がる盛り上がる。

あ~、笑い声が聞けてよかった。


いい歳になった親友同志も、うら若き乙女のように長電話。

嬉しい夜です。







[2017/04/19 00:41 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>