秋の訪れ
2週間に一度の絵の教室の日でした。

家では筆を手にしていないどころか、レッスンバッグも前回持って帰ったまんま。

おまけに、教室に持って行くはずの自分用の画材も人任せ。

ひどい生徒です(笑)


農家のお友達が柿を持ってきてくれました。

8月に柿?

猛暑の夏もそろそろ終わりでしょうか。

一足早い秋を感じながら・・・

ひどい作品です(笑)

007_convert_20130829161159.j



スポンサーサイト
[2013/08/29 16:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
バッグ、バッグ、バッグ
この夏夢中になったものがあります。

ミシン仕事です。

去年中ママ小ママに作った生成りのママバッグがくたびれてきたので

イメージの違う柄物で作り変えてプレゼントしました。

とても喜んで使ってくれたので気をよくし、

頼まれてもいないのに次々大きさ形の違うものを作って無理やり押し付けました(笑)

たいてい、二人分で同じものを二つづつ作りました。

4226_convert_20130828231741.jpg

015_convert_20130828232109.jpg

一番小さなトートバッグはばぁば用も作りましたから

それぞれが持って集まった時には人のバッグと取り違え、笑ってしまいます。

一見キャスキットソンに見える所も笑えます。


自分用には前からどうしても作りたかった物がありました。

10年ほど前手に入れた布リュックの使い勝手がとてもいいので、

新しいものをと探したのですがどこにも売ってなく

それなら作るしかない!と。

型紙があるわけでもないので手探りで、ファスナー付けも初めて。

でもなんとか形になりました。

身体にフィットして気に入ってます。

IMG_0142_convert_20130816160549.jpg


気に入った布があると、作る予定が無くても思わず買ってしまいますが

何作ろうかなと眺めている時間も幸せです。






[2013/08/29 00:10 ] | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
てるてるぼうず
中ママ家族の一大イベント「ディズニー旅行」

楽しい思い出をたくさん作り、無事終了しました。

なーちゃん、よーちゃん、病気にならず元気に行けたこと。

まずはこの事に感謝です。

その次はお天気。

全国的に荒れ模様で心配でしたが、

1日目多少の雨はあったものの夜のパレードも見れたようだし

神様が味方をしてくれたんですね。

なーちゃんたちは「てるてるぼうずのおかげ」と言ってくれているようです。



ばぁばの作ったてるてるぼうず

034_convert_20130828172932.jpg





小ママの作ったてるてるぼうず

039_convert_20130827223737.jpg





てるてるぼうずさん、ありがとう
[2013/08/28 01:45 ] | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
広島 あれこれ
重い気持ちでホームに降り立った今回の帰省でしたが

落ち着いた症状のおふみちゃんに会え安堵し、

1年ぶりに父のお墓参りに行きました。

霊園は切り開かれた高台の上、さらに80段の階段を上ったところにあります。

お天気のいい日には瀬戸内海もきれいに見え、階段を登った疲れを癒してくれますが

雨の日の階段はデンジャラスで、「気をつけて」を繰り返しながらやっとたどり着いてもこの景色です。

079_convert_20130827223857.jpg

お父さん、待ち遠しいでしょうが、もう少しだけ一人で待っていてください。


おふみちゃんの生まれ故郷宮島にも行きました。

夏休みの週末とあって家族連れ旅行客でにぎわっていました。

満潮と重なり、海に浮かぶ厳島神社に遭遇したのも久し振りでした。

潮が引くと鳥居の下まで歩いて行けたり、海側から山を背にした厳島神社が見れるのも圧巻ですが

私はやっぱり海に浮かぶ回廊が好きです。

125_convert_20130827224655.jpg


お参りを済ませた後は、おふみちゃん一押しのもみじまんじゅう屋さん

藤い屋さんで休憩します。

中庭のあるお店の奥でいただくお茶と焼きたてもみじまんじゅうは格別です。

外はこんがりこおばしく、中はやけどするくらい熱々のこしあん。

2個はぺろり。冷たいお茶は生き返ります。

店先の喧騒が嘘のように静かで、大好きな場所です。


132_convert_20130827224209.jpg



今回はいつもの帰省の様にはいきませんでしたが

滞在中は少しだけ定番の広島の食事を食べることができました。


むさしの「地えび天うどん」

行き帰りの新幹線駅で立ち寄ります。

殻つきの地エビ(小エビ)のかき揚げがのったうどんと おいしいおむすびがセットです。

これを食べると、広島に帰ってきたことを実感します。

182_convert_20130827224451.jpg


から部の広島つけめん

つけ麺の発祥地は広島だそうです。

麺の上に固めにゆでたキャベツとねぎがたくさんのっていて、

この野菜達がいい仕事をします。

酸味のあるつけ汁にはごまがいっぱい。

辛さは50倍までありますが、私は3倍。まだまだヒヨコです。

088_convert_20130827224027.jpg


お好み焼き

お店はたくさんありますが、今回は手近にホテルのそばの「へんくつや」

広島人はお皿や箸は使わず、熱い鉄板の上で直接ヘラで切りながらフーフー食べます。

やっぱりこうでなくっちゃ。

あ、トッピングは広島観音ねぎたっぷり。


150_convert_20130827224426.jpg


おふみちゃんが落ち着いていてくれたことに感謝です。
[2013/08/28 01:25 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
サプライズ
広島から帰って来た私たちを心配して中ママ、小ママがやってきました。

なんと、101歳おふみちゃんおめでとうのサプライズを計画してくれていました。


190_convert_20130828173943.jpg




おふみちゃんに届けと、みんなでハッピーバースデーを歌いました。

やさしい孫と元気いっぱいのひ孫の思いはきっとおふみちゃんに届いたことでしょう。





[2013/08/28 01:25 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
101回目のバースデー
母、おふみちゃんが101才になりました。



誕生日の数日前、急に体調を崩したと連絡があり

急遽広島に帰ってきました。

持ち直すかもしれないけれど

高齢なので何があってもおかしくないとの先生のお話でした。

おふみちゃんは酸素吸入と点滴のおかげで持ち直し、

私達を待っていてくれました。

いつもと変わらぬ穏やかな顔でした。

痴呆が進み娘が来たのもわからないはずですが

一生懸命耳元で呼びかけると

ずっとつぶったままの目を少しだけあけ、

小さな声も出してくれました。

きっとわかっているんだよと都合よく判断し

主人と笑いあいました。

大好きだった「あかいくつ」を歌ってやりました。

娘の私が言うのも何ですが、おふみちゃんはこの歳にして

シミもないきれいな肌でびっくりします。

おふみちゃんの顔や手を撫でていると

思わず自分の手をひっこめたくなるほどです。

一緒に写真も撮りましたが、おふみちゃんの手だとばかり思っていたのが

私の手だとわかった時は、

ちびまる子ちゃんの顔に縦線が入った心境で笑うしかありませんでした。

毎回広島に戻るたびに、次はないかもしれないなと

心の隅で覚悟はしてきましたが

今回は特別な思いで、

たくさんのありがとうとお疲れ様、そしてさようならを言って別れました。


痴呆症になって、一番に連れ合いを忘れ、子供達を順番に忘れていきましたが

生まれた宮島のことは最後までよく覚えていました。

あんなに好きだった故郷が病室からも見える近さだったのに

もう何十年行ってなかったでょう。

母の代わりに宮島に行ってみました。

雨上がりの宮島はいつもにまして荘厳で神秘的でしたが

どこか優しく穏やかでした。


10年ほど前、子供達と一緒におふみちゃんを訪ねた時

「元気?」とたずねたら

「はい、べんきです!」

と大きな声で応えたおふみちゃん。

次に会うときもまた笑わせてくれませんか。





[2013/08/26 06:00 ] | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
ホテル初体験
訳あって23日から広島にいます。

全国的に荒れ模様のお天気のようですが

こちらも雨が降ったりやんだり、時折激しく降ったり。

急に手配したのでホテルの連泊が出来ず

今日(土曜日)はやっと探した別のホテルに移動しています。

夏休みの週末というのでホテルはどこも全館満室です。

私達は観光ではないので荒れ模様のお天気もさほど気になりませんが、

観光客、特に家族連れは気の毒でなりません。

私に責任があるわけでもないけれど

広島に来てくれたのにごめんなさいねと謝りたい気持ちです。

昨日泊まったANAクラウンプラザホテルはスタンダードのツインがいっぱいなので

身障者向けのお部屋に案内されました。

そんな特別なお部屋があることも知りませんでしたが、

車椅子でも楽に移動できるようにゆったりとした広さで、

特に水回りは少し低めだったりシャワーが好きな高さに移動できたり、

もちろん手すりも沢山ついて、細かい配慮が行き届き、

私達くらいの年齢になると健常者にも有り難く感じられました。

どのホテルにもこんなお部屋ができるといいですね。

[2013/08/25 01:19 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
まさか!
10ヶ月を迎える1日前、りんぴーが記念すべき第一歩を踏み出しました。

2週間くらい前から、一人でたっちはしていましたが

たっちから一歩足が出たのです。  

「えっ?歩いた?うそ!」

突然の出来事に居合わせた中ママも私達もぽかんとし、

あっけにとられてしまいました。

小児科の先生に足の力が強い子ですねと言われてはいたけど。

今でも目が離せないのに、歩き出したらどんなこと<になるかわかっているだけに

もっとゆっくりでいいと思ってしまいます。

お願いだよ。ばぁばは追いかけるのが大変です。


「歩きだす瞬間って、ビデオ構えて わーって拍手しながら感動するものかと思ってたけど

あっけないもんなんだね」と小ママちゃん。

ハハハッ。

りんぴーはこれからも親をびっくりさせる子になるかもよ。








[2013/08/23 10:57 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
きんぎょさん
きんぎょを育てることになるなんて、思ってもみなかったな。


なーちゃんたちがとっても喜んでいるから、みんなで水槽セットを買いに行きました。

本当はもっと大きな水槽がいいのは分っていたけど、

内心、自然淘汰でそのうち減っていくから・・・と、この大きさにしました。

大人のいやらしい思惑です。

ところが、新しい環境が気に入ったのか,きんぎょさんたち元気元気。

うれしい誤算です。

やっぱりもうちょっと大きいのにするべきだったな。

ちょっと後悔です。

久し振りにやってきたトム兄さん(長男)は、我が家にきんぎょがいることにびっくりしながらも

ニコニコ眺めていましたが、少し白点病になっているのが1匹いるからすぐに薬を、と

適切なアドバイスをくれました。

頼りになるトム兄さんです。

さっそく、翌日薬投入でよくなってきたような気がします。


飼い主と同じく狭小住宅でごめんよ。


完治したら、なーちゃんのおうちにお引越しです。

004_convert_20130823010024.jpg

あかりん 2匹、 あかべえ 2匹 (なーちゃんが名づけました)無事に手渡せます様に。

責任重大です。




[2013/08/23 01:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
病気まで仲良く
この夏のちびっ子達は次々と体調を崩してしまいました。
 
なーちゃんの高熱に始まり、妹のよーちゃんにうつり入院。

結構ひどい手足口病でした。
 
次は夏風邪。

またまたなーちゃんから始まり、よーちゃん、義理堅くりんぴーまでもらってくれました。

幸い鼻水とコンコンですんでいます。

明日から、なーちゃん一家はこの夏一番楽しみにし、

この日のためにすべての照準を合わせてきたと言っても過言ではない

イベントがあります。

ディズニーランド一泊の旅です。

どうか神様、元気で行かせてやってください。

今頃はウキウキ荷物の準備をしているのかな。


[2013/08/22 11:52 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>