ご褒美
ご褒美は、いいことをした人がもらえるもののはずですが

何もいいことをした覚えもないのに、ご褒美をもらってしまいました。

それも、3つも。


父と母の所に行ったあと、レンタカーを返すにはまだ時間もあったので

35年ぶりで山間にある三滝(みたき)へ行ってみることにしました。

市内の中心地からさほど離れていないのに

ついつい忘れてしまっていた場所です。

車を降りた途端、目の前は紅葉のじゅうたん。

059_convert_20141130174624.jpg

056_convert_20141130174655.jpg

073_convert_20141130153535.jpg

雨上がりの夕刻の三滝寺の境内は、ほとんど訪れる人もなく静寂に包まれ、

あまりの美しさに息を飲み、

出てくる言葉は

ため息交じりの「きれい」「きれい」の繰り返し。

075_convert_20141130153619.jpg

雨に濡れつやつや光るかわいい落ち葉を拾い、ポケットいっぱいにしながら

本堂までの頑張って登りました。

思いもかけない美しさとの出会いに、感謝の気持ちでいっぱいでした。

これがまず一つ目のご褒美です。



夜、食事を済ませて街をぶらぶら歩いていた時です。

建物の中から聞こえる鐘太鼓の軽快な音に誘われ

引き込まれるように中に入ってみると

087_convert_20141130153723.jpg

なんとそこは別世界。

郷土芸能を継承するために頑張っている広島の九つの神楽団が

連夜神楽を披露しているというのです。

104_convert_20141130154204.jpg


それも、原爆でも残った旧日本銀行が解放され、しかも無料。

この日の演目は「悪狐伝」と「土蜘蛛」

神楽団の中心が伝統を引き継ぐために集まった若者だというから驚きです。

力強く迫力ある舞と鐘太鼓、写真がすべてブレてしまうほどのスピードある動き。

もう圧倒されどうしでした。

私達の見ていた場所は、大理石の銀行のカウンター越し(笑)

おとなりのおばちゃんがやたら詳しく、いろいろ説明もしてくれます。

追っかけもいるとか・・・頷ける気がします。

いやいや、偶然の出会いはビンビン心を揺さぶりました。

行けるものなら毎日でも見てみたい。

これがご褒美二つ目です。


素晴らしかったね~と表に出てちょっと歩くと

110_convert_20141130154006.jpg

111_convert_20141130183326.jpg

113_convert_20141130153926.jpg

おとぎの国の世界が広がっていました。

平和大通りに平和を願うイルミネーションが続いています。

なんと贅沢なことでしょう。

幸せな気分に包まれながら夜の散歩を楽しみました。

これが三つ目のご褒美でした。


たて続けにやってきた思いもかけないご褒美に

興奮しどうしの広島一日目。


ありがとう 広島。

すてきだよ 広島。

スポンサーサイト
[2014/11/30 18:02 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
おふみちゃん
大正元年、宮島生まれ、宮島育ちのおふみちゃん。

私の母、文子さんのことを少し書きたいと思います。



我慢強くて働き者。

いつも家族のために忙しく働き、目立たぬよう陰で一生懸命みんなを支える存在でした。

優しすぎるほど優しくて

優しく諭されたことはあっても、叱られた記憶はありません。



80を過ぎて痴呆になってからは

子供たちの誰もが、見たことのない母の本当の姿を見ることになりました。

兄が見せてくれる童謡のビデオを、毎日楽しみに見ては一緒に歌い

いろはかるたを順番に言っていき

「へ」になると

「わたしには言えません」と

涙を流してクックト笑い転げ、いつもそこでストップ。

(へ ひって、しりすぼめ が いろはかるたの「へ」なのです)

きょうもコロッケ~ 明日もコロッケ~ これじゃ年がら年中コーロッケ コーロッケ ♪♪

と楽しそうに歌い

兄が一緒にお風呂に入って洗ってくれると

「恥ずかしいですね」 と急に女性になり

口紅をつけて「おかあさんは色白のべっぴんさん」とほめると

ケラケラ笑いながら顔を赤らめ

散歩に行くと、姿勢よく手を振ってさっそうと歩き

嬉しそうに公園の遊具に乗って体を揺らしました。

なかでも私たち子どもを一番びっくりさせたのが

施設の夏祭りでチンドンヤさんが来たときです。

太鼓や鐘に合わせて手足で拍子をとっているなと思っていたら

席を立ち、どんどん前に出ていき

施設の方が「一緒に踊りましょう」と声をかけてくださると

真剣な表情で、チンドンやさんの列に加わり踊り始めたのです。

そのあとも盆踊りが始まると、ずっとずっと踊りっぱなし。

ある時は、踊るおふみちゃんの後に続き

子供たち、孫たちがみんなで輪になって踊り

笑い転げたこともありました。

踊りも歌も楽しいことも、こんなに表現する母を目の当たりにし

驚きながらも複雑な思いでした。

これこそが本来の母の姿だったとしたら

今まで見てきた母は家族のために自分を抑え

好きなことや楽しみを封じ込めていたのだろうかと。


痴呆は、それまでの苦しかったことをすべて忘れさせ

母を楽にしてくれたのでしょう。

よかったね、おかあさん。



面会に行くたび

「おふみちゃんは宮島生まれ、宮島育ちでがんすか?」

「そうでがんす」

と言って笑いあうのが合言葉のようになり

大好きな歌「あかいくつ」を一緒に歌いました。


もう、そんなやりとりもできなくなってしまいましたが

こうして居てくれるだけで、まだまだたくさんのことを教えられている気がします。


023_convert_20141129231758.jpg

036_convert_20141130023156.jpg


おふみちゃんをブログに登場させるのは迷いましたが

102歳で頑張っている姿

見てやってください。

きっと「恥ずかしいです」と笑ってくれるはずです。





























[2014/11/30 02:50 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
広島をあとにして
あっという間の二泊三日が終わり、

新幹線は一路東京に向かっています。

帰巣本能というのか、

年を重ねるごとに故郷のよさに気づき

帰れる喜びを実感しています。

「東京行きのぞみ号が到着します」

ホームにそんなアナウンスが流れると

40年前の私にとっては、東京は行くところだったはずなのに

いまは帰る所になってしまったと

なんだかジーンとしてしまいました。


以前広島旅行をともにした岩槻の友人に

「こんな都会からお嫁に来たなんて!

どんなにか悲しかったことでしょうね」

と言われ、大笑いしたことがありました。

広島を離れ、40年。

私の居場所はもうここではありません。



たくさんの友人や子供たちのいる岩槻です。

温かく迎え入れ、居場所を作って下さった人達に、

心から感謝したいと…そんなことをしみじみ思いながら

夜の車窓を眺めています。


広島での三日間は

追々アップしていきたいと思いますので

読んでもらえると嬉しいかも。


あと1時間でなつかしい東京です。



[2014/11/28 19:26 ] | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
広島に帰る朝
故郷を離れ、かれこれ40年近くなり

数えられないくらい故郷に帰っているけれど

こんな雨の朝の出発はあまり記憶にありません。

いつも天候には恵まれていたような。

と思いながらののぞみの車中。

ふと外を見ると、富士山の裾野が見えてるよ!

雨も上がってるし。

雨上がりの車窓からの景色は一段と美しい。

絵を描くようになってから、木々の色や遠くの山の色にも

気持ちが動くようになってきたみたい。

思うことと、描けることは全然一致しないところが笑っちゃう。


いつもパソコンからブログをアップしているので

スマホからのアップに悪戦苦闘。

写真もあきらめて、

とりあえずリアルタイムでの報告まで。

新幹線も速くなりましたね。

4時間で広島です。
[2014/11/26 09:16 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
どうした 私
世間は三連休。

私は散々休。

なんだか・・・・なんだか・・・

気持ちが重い。

何もやる気が起きない。



にゃんこと遊んで、にゃんこと遊んで一日が終わる。

ウオーキングも二日続けてサボってしまったし。

夜も眠れなかったり・・・

やらなければいけないことは山ほどあるのに

数日後には遠出もしなければいけないのに。

この気持ちの沈みようはなんだろう。

体も心も動かない。


001_convert_20141124172036.jpg


先日、ウオーキングの途中でバッタリMさんに会った。

半年ぶりに会うMさんは、家族の介護で大変な日々が続き、

美貌にも疲れが見えていた。

30分も立ち話をしながら

今の自分がいかに恵まれているかを、申し訳ないくらいに感じていたのに。


罰が当たるね。

さあ、おいしい夕食でも作りますか。




[2014/11/24 17:54 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
お留守番
先日、よーちゃんとお留守番をする機会がありました。

久しぶりに絵本を読んでみることにしました。

一冊目の「キャベツくん」から、ページをめくるたびに大笑い。

長 新太さんのシュールな笑いに大うけでした。

次も次もと袋から出してきて、気がつけばこんなに。

002_convert_20141122013615.jpg

小さいころは読んでる途中、いつのまにかどこかに行ってしまうよーちゃんだったのに。



「おおかみと七ひきのこやぎ」は息を飲んでみています。

子やぎがおおかみに食べられてしまい、おかあさんやぎが助ける場面では

「おくちからでるのかな~ おしりからでるのかな~」と心配しています。

読み終わると

「よーちゃん、いちばんすきなところはね。ここ!」 と

おおかみが井戸に落ちて、みんなが喜んでいるページを開きました。

おおかみが死んでしまってみんなが喜ぶこの場面は

残酷なのではないかと物議をかもしたこともありますが

ここが一番好きと言ったよーちゃんには

この結末はこうでなくてはいけなかったのです。

ここでやっとハラハラドキドキから解放され、

安心して本を閉じることができたのですから。


お昼ごはんはじぃじのリクエストで「おうどん」

003_convert_20141122013637.jpg

大好物のケーキが4個もついていて、じぃじ大喜びでした(笑)



しばらくして、一人遊びをするよーちゃん。

「これからおかあさんはでかけてきますよ。ドアをあけてはいけませんよ」

小さなお人形を相手に、かわいい声が聞こえていました(笑)













[2014/11/22 02:09 ] | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
冬が来る
先日市場で買ってきた葉ボタンたちをやっと寄せ植えにしました。

006_convert_20141116225005.jpg

005_convert_20141116225035.jpg

なんだか一気にお正月っぽくなってしまいました(笑)


年々時間が過ぎるのが早くなってきている気がします。

我が家はこれから10日間隔で三人の子供たちの誕生日が続き

ケーキも食べ飽きたころ、クリスマス(笑)

なので、昔は三人まとめて合同のお誕生会をしていたものです。

それは親の勝手な都合。


ある時

「おたんじょうびは一年じゅうでいちばんうれしい日」 と日記に書いてあるのを見て

グサッと胸を突かれた思いで、深く反省したことをおぼえています。

三人一緒におめでとうではなく、みんなが一人におめでとうなんだよね。

取り返しのつかない苦い思い出です。

今更だけど、許してください。



もう街は早々とクリスマス。

003_convert_20141116231801.jpg


なーちゃん、よーちゃん、りんぴーのところにも

サンタさんがやってきてくれますように。



冬はもうそこまで来ています。

[2014/11/16 23:22 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
楽しく学ぶ
先週末、算数教室の最終会に行ってきました。

教室に着くまでどんな授業かわからないので、毎回ワクワクします。

今回は、「一筆書き」

一筆書きで遊びながら、隠れた法則性を学び、そうだったのかと納得。

実はこれが、ルート検索や路線図、要領よく動く段取りに生かされて、

私たちの生活に密着しているのだと知り、びっくりしました。

毎回先生がおっしゃいますが、算数は建物でいうなら基礎の部分で、

表面には見えないけれど、気づかないまま私達の生活に大いに役に立っているのですね。


講座の最後に江戸時代に書かれた算術、和算の本「塵劫記(じんこうき)」を紹介していただきました。

江戸の人たちはこぞってこの本を読み、ベストセラーになったそうです。

遊びを盛り込んで、楽しみながら学べる工夫があったからでしょうか。

方程式などない時代、庶民がこぞって難しい問題を解くことを楽しんでいたなんて。

なんと豊かなことでしょう。


算数に限らず何でも、パソコンやスマホでパパッと労せず答えを手に入れてしまう今の私達。

考えさせられます。



さっそく図書館で読みやすい「塵劫記」を借りてきました。

004_convert_20141113093701.jpg


楽しみながら問題に挑戦してみることにいたします。

「鶴亀算」 「旅人算」 懐かしいな~

一問も解けなかったりして・・・

[2014/11/13 09:38 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
花に囲まれ
久しぶりに中ママを誘い、園芸市場へ行ってみました。

005_convert_20141111002046.jpg

きれいな花に囲まれると、うれしくなってしまいます。

006_convert_20141111002122.jpg

市場はもうクリスマス。

あれもこれも欲しいけど、財布と相談しながらパンジーと葉ボタンを買ってきました。

明日は玄関回りをきれいにしましょう。



家の中は、じぃじがウオーキングの途中で採ってきてくれた秋の実でにぎやかです。

001_convert_20141111001936.jpg

からすうりとヒヨドリジョウゴです。

004_convert_20141111002009.jpg


テンションも上がったので、園芸市場のそばのアグリパークで買ってきたカリフラワーで

スープも作ってみました。

008_convert_20141111002205.jpg

カリフラワーの香りとやさしい味が上品で最高。

孫たちの為に、せっせと冷凍にしておきましょう。






[2014/11/11 01:06 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
ペロペロしてる
先日、よーちゃんに

「ばぁば、ペロペロしてる!」

って言われました。

ペロペロしゃぶりたいくらい好きってこと?

なら嬉しいのですが、どうやら違うらしい。

よーちゃんの隣で添い寝をしていた時、


よーちゃんがばぁばの二の腕をさわりながらの

「ぺろぺろ、、、」

あまりに的確な表現に大笑いをしてしまいました。



最近、とみに筋肉の衰えを感じていたところでしたので

結構こたえました。


以前、分身のKちゃんに

「大丈夫、いくつになっても筋肉はつくんだよ」

と教えてもらったことを思い出しました。

そういえばウオーキングを始めて、ふくらはぎが固くなってきている気がします。

箸より重いものを持たないいいとこの奥様ですから

二の腕もペロペロになってしまうはずです。

よ~し、上半身も運動運動。

目覚めるのが遅すぎだけど、頑張るよ。



きのうのウオーキングで見つけた珍しい木の実。

050_convert_20141110001910.jpg

あけびかと思いましたが、ちょっと葉っぱも違うし色も違う。

調べに調べ、やっと判明しました。

「ムべ」という木の実でした。

あけび科で、あけびのように割れませんが食べられます。

輪になった葉っぱが、成長につれて3枚、5枚、7枚と増えていくので

七五三の縁起木とも言われ、不老長寿の実とも言われているそうです。

知らないことを知れるのはうれしい。


ペロペロをせめてベロベロに昇格できるよう

ウオーキングに腕の運動も加え、

新しい発見をしながら

あしたもがんばろう。
[2014/11/10 01:24 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>